2016年
これからのベトナムビジネス(実践ワクワク経営)
2016年5月16日発売

弊社代表の蕪木 優典 、 實原 享之、副社長のチャン グエン チュン、弁護士法人キャスト ホーチミン支店代表 工藤 拓人が執筆した『これからのベトナムビジネス (実践ワクワク経営)』が東方通信社より発売になりました。
ベトナムの経済史を紐解き、10年、20年先のベトナムビジネスを占う一冊となっております。
ベトナムビジネスに興味のある方は、ぜひご一読ください。

amazon.comamazon.com
これからのベトナムビジネス(実践ワクワク経営)これからのベトナムビジネス(実践ワクワク経営)
2015年
図解&ケース ASEAN諸国との国際税務
2015年11月7日発売

ASEANの中でも日本企業の進出が進んでいる4ヵ国に焦点を当て、それらの国々の企業との取引で迷いやすい税務問題を見開きで解説。
現地の執筆陣ならではの各国事情は必読です。

amazon.comamazon.com
図解&ケース ASEAN諸国との国際税務図解&ケース ASEAN諸国との国際税務
2014年
持続的成長のための経営・財務合体
これからの時代の経営の「あり方」 (実践ワクワク経営)
2014年7月22日発売

企業の持続的成長に必要なものは何か――。
高度経済成長期からバブル崩壊まで、それは規模拡大であると信じられてきました。しかし、今の私たちはバブル崩壊、リーマン・ショックなどを経てそれがかならずしも持続的成長につながるとはかぎらないと知っています。では、今の時代に持続的成長をはたしていくには何が必要なのでしょうか。そのひとつの答えが、本書で紹介する「経営・財務合体」という考え方です。「経営」と「財務」を合体させるには、従業員全員が心をひとつにして、企業の想いや理念を大切にしながら、それに即した適正な財務体質をつくらなければなりません。と同時に、それらをきちんと世にアピールしなければなりません。
本書では「経営」と「財務」を合体しなければならない時代背景、そして「経営」と「財務」を合体させるためのノウハウ(「見えない資産」を活用したワクワク経営、統合報告書の活用方法)などを紹介します。

amazon.comamazon.com
持続的成長のための経営・財務合体―これからの時代の経営の「あり方」 (実践ワクワク経営)持続的成長のための経営・財務合体―これからの時代の経営の「あり方」 (実践ワクワク経営)
2013年
ベトナム起業 (実践ワクワク経営)
2013年4月30日発売

本書はベトナムで日本人初の公認会計士資格を取得し、日系初の会計事務所を立ち上げて業界トップクラスの規模にまで育て上げた著者による「ベトナム奮闘記」です。
ベトナムビジネスのノウハウや失敗事例、Q&Aはもちろん、リーマンショックを機に辿り着いた「実践ワクワク経営」を活用した経営手法も紹介しています。ノウハウだけでなく、海外ビジネスの新たな〝あり方〟を提案する一冊です。 ちなみに、ワクワク経営とは利益や資産だけでなく、組織資産(ワクワク)や人的資産(イキイキ)、顧客資産(ニコニコ)も重視する経営手法で、㈱バリュークリエイトの三冨正博氏が自身の経験をもとに確立し、提唱しているものです。

amazon.comamazon.com
ベトナム起業 (実践ワクワク経営)ベトナム起業 (実践ワクワク経営)