外国契約者税外国契約者税

ベトナム特有の税金、
外国契約者税について説明します。

外国契約者税とは

外国契約者税 / Foreign Contractor TaxまたはForeign Contractor Withholding Tax略してFCT、FCWTとも呼ばれます。

FCTとは外国法人がベトナム法人にサービスを提供した時にその対価に課される税金です。つまりベトナム法人の費用にかかる税金です。(ベトナム法人の収益にかかるものではありません)税の負担者は契約書の記載でどちらにすることも可能ですが、申告納税はベトナム法人が行います。

例 / FCTの対象 技術支援料 : 1,000万円 / ベトナム法人 代金支払いから10日以内に納税 / 親会社(外国法人)/ 技術支援サービス / ※ 税の負担者はどちらでも可例 / FCTの対象 技術支援料 : 1,000万円 / ベトナム法人 代金支払いから10日以内に納税 / 親会社(外国法人)/ 技術支援サービス / ※ 税の負担者はどちらでも可

税率

二つの税金からなるためFCTの税率は付加価値税(VAT)と法人所得税(CIT)で異なります。

内容 VAT
(%)
CIT
(%)
サービスの提供を伴う物品の売買、内地引渡輸出 免税 1
資材または機械設備の供給を伴わない建設 / 据付 5 2
資材または機械設備の供給を伴う建設 / 据付、輸送サービス、製造 3 2
サービス一般、機械設備のリース 5 5
利息 免税 5
ロイヤリティ 免税 10
商標利用のためのロイヤリティ、レストランおよびホテル、カジノの管理サービス 5 10
証券譲渡、再保険 免税 0.1
金融派生商品 免税 2

FCTが重要な理由

ベトナム独自の税金のため、理解もしにくいですが、特にベトナム国外と取引のある企業にとっては影響も大きいので、非常に重要な税金です。

  • 課税対象となる範囲が広い
  • 対象となる契約が国外との契約
  • 契約書の記載方法で注意する点が多い
  • 税負担者を契約書の記載で決められる
  • 申告納税期限が支払日から10日以内
  • ベトナム税務調査で指摘されやすい

FCTに関する相談事例

基礎的な質問から具体的な事例まで幅広い相談をお受けしております。

  • FCTがかかるって言われたけど何のこと?
  • FCTがかかるかどうかで取引自体を見直さないといけないの?
  • 今までFCTなんて払っていなかったけど、税務調査で多額の追徴を指摘されるの?
  • 契約書の書き方で税金が変わるって聞いたけど?
  • 日本の源泉所得税と何が違うの?
  • 日本で負担したら租税条約で二重課税は回避できる?外国税額控除は適用できる?
  • 技術支援契約で出張者を出したら、個人所得税だけでなくFCTもかかるって言われたけど?
  • FCTはサービスにかかるって聞いていたのに、設備を輸入したらかかるの?
  • インコタームズの条件でFCTがかかったりかからなかったりするの?

I-GLOCALでは
FCTについてもご支援します!

I-GLOCALはFCTに関するノウハウを
多数有しています。

I-GLOCALは1,000社を超える日系企業に会計税務のサービスを提供し、個々の課題を高いレベルで解決しています。
そのため上記のような各種事例を多く得ており、問題になりやすい点、不必要に課税となることを避けるご相談など
各種サポートをさせて頂き、ベトナム進出企業様をご支援しております。

ビジネスサポート契約で
FCTに関するご相談も
随時対応いたします。

I-GLOCALが執筆した
FCTに関するレポート

お問い合わせはこちら