「これからのベトナムビジネス2020」ご好評につき第2弾 2020年1月31日発売!! 「これからのベトナムビジネス2020」ご好評につき第2弾 2020年1月31日発売!!

内容紹介

最新のベトナムビジネスの動向とポイントを紹介

時代は平成から令和へと移り変わったが、ベトナムの変化は日本以上に激しく、GDP成長率は現在も6~7%台で推移しており、18年のGDP成長率は7.1%と過去10年間でもっとも高い数値を記録した。また、12年頃からは中小企業の進出も相ついでおり、18年における日本からの対ベトナム直接投資件数は過去最高の643件(新規・拡張を合算)に上っている。
本書はそんなベトナムビジネスの最新事情をコラムなどを交えて、わかりやすく紹介するベトナムビジネスの入門書。ベトナムの即席麺業界で圧倒的なシェアを誇るエースコック、ビンズン新都市でまちづくりを手掛ける東急グループ、ダナンで大規模なリゾート建設を進めるホテル三日月グループなど、ベトナムビジネスの最先端を走る日本企業のロングインタビューも掲載しており、ベトナムビジネスのダイナミズムを感じながらそのノウハウを学ぶことができる。

◆ 目次 ◆
1章 : ドイモイと直接投資で躍進したベトナム経済
2章 : 多様化するベトナムビジネス
3章 : 製造業は輸出加工から内需向けの販売へ
4章 : 観光・宿泊業はリゾート開発に商機あり
5章 : 価格高騰とともに郊外開発が急ピッチに進展する不動産業
6章 : 合弁、M&Aをはじめとした多様な進出形態
7章 : スタートアップの視点も交えて5年後のベトナムビジネスを占う

著者紹介

蕪木優典 (かぶらぎ・ゆうすけ)

1972年生まれ。94年慶応義塾大学経済学部卒業。96年朝日監査法人(現あずさ監査法人)に入所。2000年アンダーセンベトナム(現KPMGベトナム)に出向し、以来、ベトナムでのビジネスに携わる。同年、日本人で初めてベトナム公認会計士試験に合格し、ベトナム公認会計士登録。03年ベトナム初の日系資本会計事務所(現I-GLOCALグループ)創業。2010 年カンボジア初の日系資本会計事務所創業。2011年カンボジア会計士協会に会計士登録。日本、ベトナム、カンボジアを往き来しながら「ワクワク経営」を実践中。

實原享之 (じつはら・たかゆき)

1983年生まれ。株式会社I-GLOCAL代表取締役。公認会計士(米国/ベトナム/カンボジア)。神奈川県横須賀市出身。ベトナム・ホーチミン市在住。2007年神戸大学建設学科卒業。事業会社で営業と経理を経験後、2009年にI-GLOCALに入社。2010年に日本人としては4人目、外国人として最年少でベトナム公認会計士試験合格。2012年よりベトナム現地法人であるI-GLOCAL CO., LTD.の社長に就任。2016年より現職。ベトナムに常駐し、ベトナム・カンボジアへの日系企業の進出とその後の経営管理全般を支援している。

工藤拓人 (くどう・たくと)

1985年生まれ。弁護士法人キャストパートナー、CAST LAW VIETNAM代表。日本国弁護士、ベトナム外国弁護士。2008年東北大学法学部卒業。2010年神戸大学法科大学院卒業。11年に弁護士登録し、弁護士法人キャストに参画。以来、日系企業の中国・ベトナムにおける進出・運営に関する法務のサポートを行う。14年よりベトナムに居住し、社内のベトナム人弁護士とともに日系企業200社ほどに契約書作成や労務、不動産その他ベトナムにおける法務支援を幅広く行っている。

Tran Nguyen Trung (チャン・グェン・チュン)

1980年生まれ。株式会社I-GLOCALパートナー。2000年ホーチミン市工科大学を中退し、日本政府の国費留学生として日本に留学。大阪大学大学院工学研究科を卒業後、日本の大手ITベンダーを経て、2008年ベトナムに帰国。2009年I-GLOCAL入社。今までベトナム進出を支援した日系企業は300社以上。I-GLOCALの共同経営者として自社のマネジメントを担う一方で、日越両国の制度と文化を熟知するコンサルタントとして今も多数のベトナム進出日系企業を支援している。