fukumoto_img_info
duy_ing_info
Q1
現在のI-GLOCALでの役割は何ですか?
A1

ハノイ事務所の代表として事務所の管理、運営、人事評価、採用など、および日本人専門家としてお客様への税務、会計、人事労務を中心に何かあればご相談頂く窓口としての役割を担っています。特に日本の税理士として働いてきた経験を生かして、税務関連の質問にはハノイに限らず、各事務所のサポートも行います。

fukumoto_per_img
Q2
ベトナムと日本の働き方に違いはありますか?
ベトナムと日本の働き方に違いはありますか?
A2

法律を扱う専門家としての意識に違いはありませんが、役所に左右される点が異なります。役所の都合でスケジュールの変更を余儀なくされることなど日本ではありませんでしたから。

また、電車がないので、車移動が基本となり、お客様への往訪の移動時間の見込みが難しいです。

あと終電を気にしなくなりました(笑)。

Q3
マネジメントをする時に気をつけていることは?
マネジメントをする時に気をつけていることは?
A3

あくまで自分は外国人であり、日本のやり方を押し付けることはせず、一方で、会社としてカイゼンすべきことは言い続けて理解してもらうようにしています。そのため、上司として皆に見られているという意識は忘れないようにしています。

fukumoto_per_img
Q4
どんな人がベトナムで働くのに向いていると思いますか?
どんな人がベトナムで働くのに向いていると思いますか?
A4

日本人とかベトナム人とかをあまり意識しない人は向いていると思います。

ベトナムに住んで、ベトナム人と一緒に仕事をしていく上で、素直に尊敬できて、素直に受け入れられる人は、仕事も楽しめると思います。

また、現在成長中の国、組織の中で自分も一緒に成長していきたいという人には向いていると思います。

Q5
ハノイ事務所はどんな事務所ですか?
A5

お客様にも言われますが、女性が多く全体の9割を占めます(妊婦さんも出産直前まで働いてくれています)。また、新卒からの採用も多く、会計事務所らしくないオープンなレイアウトなので、若くて活気があります。

一方で、まだ成長しなければならない面もあるので、これからの発展も楽しみな事務所です。

fukumoto_per_img

other_member