蕪木 優典

株式会社 I-GLOCAL 代表取締役
メッセージ動画へ

ご挨拶

この度はI-GLOCALの求人PRサイトをご覧になっていただきありがとうございます。
私が、2003年にこの会社を創業したカブラギです。1972年生まれです。同年代ではキムタク、マツコ・デラックス、ホリエモンがいます。あまり関係ないですが・・・(笑
さて、このI-GLOCALという会社は、社名の由来を説明すると、私たちの働く地域であるインドシナのI、容易に他社に依存しないプロとしてのマインドであるIndependentのI、そして組織として常にチャレンジしていくという意味でIncubateのI この3つの意味を込め、そして、GlobalとLocal が合わさってできた造語であるGlocalという意味は、Think Global, Act Local という地球規模で考え、現地に根付いてしっかりと活動をするという意味です。

会社の成長と社員の成長

おかげさまで、創業して以来継続して成長することができ、今では日系企業向けのコンサル会社としてはベトナムで最大規模の組織になっています。

私たちには、スバラシイ人材、そして弊社を信頼し長年お付き合いをしてくださっているお客様が沢山います。そして、I-GLOCALを卒業し、いろいろな分野で活躍しているOBもいます。留学したり、起業したり、大手企業に転職する人もいます。
多くの人は新人でI-GLOCALに入社するのですが、新人の時の経験がその後のキャリアで生かされていると感じてもらえれば、それが僕にとっては一番の喜びです。

さて、どの会社も同じだと思いますが、弊社にも求める人物像や求められる最低限のスキルというものがあります。私は採用についてあまり口を出すことはやめたいと思いますので、そのあたりの話は私からはしません。
個人的には、「何を考えているのかわかりやすい人」と一緒に仕事をしたいです。

これは会社のモットーにもなっていることですが、Simple Open Speedyな人が自然とリーダーになっているような気がしています。
専門的な知識や語学能力も必要かもしれませんが、何よりも重要なのは知的好奇心を持って自分がやっている仕事を好きになれるかどうか?だと思っています。
グローバルやプロフェショナルという横文字の言葉で、なんとなくコンサル会社を選んでしまう人が多いと思いますが、「この人たちと一緒にこの会社の役に立ちたい!」というワクワク感が重要なのでは?と感じています。

弊社に興味を持っていただき、何かしら共感を感じ取ってもらえると嬉しいです。